FXのトレール注文でリスク管理

FXのトレール注文でリスク管理

FXのトレール注文を利用すると、ロスカット水準を変更していくことができます。

ロスカット水準が為替レートに引っ張られるように変更されるために、FXではトレール注文と呼ばれています。

具体的な例を挙げてみましょう。


現在の為替レートが1ドル=113.20円だったとします。



トレール注文を発注するときには成行、指値、逆指値を選べる場合が多いですが、ここでは話を単純化するために成行で買うことにします。



注文を出すときにはトレール幅を設定します。

このトレール幅に応じてロスカット水準が変更されます。
ここでトレール幅を50銭にします。

注文を発注すると買いポジションを持つことになりますが、ここの買い注文が113.20円でのエントリーだとすると、この時点で自動的に50銭したの112.70円で逆指値注文が発注されます。
ですから、この瞬間にドルが急落して112.70円にまでなれば取引は終了です。ドルが上昇して114.00円になったとしましょう。


この場合には、逆指値注文のレートは113.50円になります。さらに上昇して114.50円になれば、逆指値注文のレートは114.00円になります。上昇するにつれて逆指値注文の水準も上がっていくのです。

逆指値注文のレートは下がることはありません。



これを利用すれば、ロスカット注文を発注しなくて良いというメリットがあります。
FXでは注文が増えるとミスが起こりやすいですから、注文の数を減らせられるのは魅力的でしょう。

Copyright (C) 2016 FXのトレール注文でリスク管理 All Rights Reserved.