FXの取引と為替介入について

FXの取引と為替介入について

FXの取引で注意しなければならないことの一つが為替介入です。

政府や中央銀行が人為的に為替レートを操作することを為替介入と呼びます。この為替介入は、一つの国が行う単独介入と、複数の国やIMFなどの枠組みで行われる協調介入があります。
為替介入が頻繁に行われていた時代もありましたが、最近ではほぼ行われていないと言っても良いでしょう。

その理由はいくつかありますが、最も大きな理由は無意味だからです。

特に単独介入が成功することはほぼないと考えておいた方が良いでしょう。

日本の景気が低迷していた頃に政権が民主党に変わりましたが、このときに単独介入が行われました。

財務大臣が野田さんの時です。
円高とデフレによって景気が悪化しているという民意を反映して単独介入が行われ、一気に円安になったのです。



このときのインパクトは相当なものだと言えるでしょう。

しかしながら、その効果が一時的なものであったことはすでに多くの人が知っていることです。



FXが取引の対象としている為替市場での取引金額は非常に大きいと言えるでしょう。

そのために、日本刀一つの国が介入しただけでトレンドを転換させることは難しいのです。


これは他の国も同じで、イギリスもかつてポンドの買い支えに失敗したことがあります。
ただ、一時的には大きく変動しますから、FXの取引を行っている人にとっては注目すべき事ですから、ロスカット注文を常に入れておくことは心がけるべきです。



Copyright (C) 2016 FXの取引と為替介入について All Rights Reserved.